【DIY】床を長尺シートで張替え

キッチンの床を長尺シート(クッションフロアを、より頑丈にしたようなもの)で張替えました。

before

after
diy 床の張替え 長尺シート

およそ四畳半ほどの面積で、

材料費

  • 長尺シート 182cm幅 × 6m 24,000円
  • サンゲツ ベンリダインAR(床用ボンド) 3kg 2,000円

工具費

  • ジョイントローラー 3,600円
  • カッター 600円
  • 1mくらいの定規 1,000円

合計 31,200円

飲食店のキッチンの床は、耐水性の素材にする必要があります。

東京都の福祉保健局が出している基準によれば、床は「タイル、コンクリートなどの耐水性材料で排水がよく、清掃しやすい構造」と定められています。

ただし、ラーメン屋のように汚れがつきやすく、毎日水をまいてデッキブラシで掃除するような業態でない場合には、単に「水が染みこまない素材」であればOKが出ます。
このへんは工事を始める前に、最寄りの保健所に行って確認しておくといいです。

作業自体は単純で、シートを広げながら部屋の形に合わせて切り、
diy 床 長尺シート広げているところ

半分ずつめくって床にボンドを塗り、ジョイントローラーを使って圧着します。
diy 床 長尺シートをボンドで貼り付け

口で言うのは簡単ですが、やってみるとかなり難しいのでお覚悟を。(窓の外が暗くなっているところからも、かなり時間が掛かったのが分かるかと思います)

壁の形って意外と入り組んでるので、シートを切るのにけっこう手間が掛かるんですよ。

diy 長尺シート 端部

さらに長尺シートは厚みがあって固いので、部屋の端に押し付けながら切るのはムズイです。

僕は図のように、折り曲げて長さを測りながら切りました。

一番キレイに仕上がるのは、端部のカットはだいたいで仕上げて、うえから巾木をあてるという方法かなと思います。

参考画像:巾木 出典 https://www.arrowers.co.jp

今回は取り外しできない巾木がすでに存在したので、この方法は取りませんでしたが。

普通の文具屋で売ってるカッターでは、長尺シートはまともに切れません。
ホームセンター等に置いてある500円くらいの、ちょっと良い刃を使ったカッターをオススメします。切れ味がまるで違います。

created by Rinker
オルファ(OLFA)
¥563 (2020/09/24 11:15:04時点 Amazon調べ-詳細)

他の作業をするときにも効率が上がるので、こういうカッターを1本持っておくと、何かと便利です。

カッターで直線を切るときには、ステンレスやアルミの1mくらいの定規があると便利です。

created by Rinker
シンワ測定(Shinwa Sokutei)
¥1,036 (2020/09/24 11:15:05時点 Amazon調べ-詳細)

床シートを切るときには専用の「パーキリ」という道具もあるらしいのですが、今回は使わなかったので、きれいにカットできるのかは分かりません。

created by Rinker
極東産機(Kyokuto)
¥14,300 (2020/09/24 11:15:06時点 Amazon調べ-詳細)

けっきょく巾木をのせるのを前提にした道具なんじゃないかと勝手に想像してるんですが、どうでしょうね。

シートとシートのつなぎ目は「シームシーラー」というものを使うことで目立たなくすることができるらしいですが、これも今回は使いませんでした。

特に濃い色で縦の木目のあるシートの場合、シームシーラーを使わなくても、注意して見なければ継ぎ目は気にならないかなと思います。

以上。

その他DIYで作ったもののまとめはこちら。

普通の住居をDIYでリフォームしてカフェを作った記録
普通の住居をDIYでリフォームしてカフェを作った記録
古いアパートの1階で、むかしは駄菓子屋、現在はただの住居になっていた物件をセルフリフォームしてカフェを作りました。 マネしてみたい人の参考になるように、記録を書いていきます。
関連記事ユニット



広告